トップ 自動車屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車屋ナビ(自動車販売業者の口コミ)自動車を維持するには? > 車検

車検

車検の画像

車検の正式名称は、「自動車検査登録制度」といいます。
車が、安全に走行できるか、公害面で問題ないか、外観に問題ないかなどを検査する制度です。
車検を行わなければいけない車は、小型特殊自動車以外の自動車、250ccを超える自動二輪車などが対象になります。
この制度に合格した車でなければ、走行することができません。

車検の有効期間は、車の種類によって異なりますが、一般的に家庭で乗っている車は、新車の場合3年、その後は2年ごとになります。
人を運搬する幼稚園バス、タクシー、バスなどは、1年ごとに車検を行います。

車検は、56項目の検査を行います。
一般的に、整備士がいる民間車検場で、車検に必要な整備、検査を行ってくれます。
車検は、自分で行い、その後、検査を陸運局で行ってもらう方法もありますが、自動車整備には、専門の知識が必要ですので、出来る限り、民間車検場などで行ってもらう方か確実でしょう。

車検にかかる費用は、点検整備費用と、法定費用があります。
法定費用は、重量税、自賠責保険料金、自動車検査登録印紙代があります。
これらの法定費用は、車の重量、地域によって異なってきます。
重量税は、8800円~75600円ぐらい、自賠責保険料は、5490円~44190円、自動車検査登録印紙代は、1100円~1800円となっています。
点検整備費用は、車の大きさ、車検場によって異なってきますので、車検に出す前に、色々価格を調べてみるといいでしょう。

車検は、法的点検ですが、それ以外に、ときどき専門の整備士に点検をしてもらうと、安心して車に乗ることができるでしょう。

自動車屋ナビ(自動車販売業者の口コミ)のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ミニバン・1BOX

ミニバンとは、車高が高く、ボンネットがある車のことを呼び、車内は広くなっており、人や荷物を多く積むことが出来る車です。 人や荷物を多く積むことが出来るので、荷物を運ぶために業務用として使用する人も少なくありません。 また、車高が高く、車内は広いので、子供が大きくないファミリー世代に人気のある車です。 現在、6歳未満の子供はチャイルドシートを使用しなくてはいけません。 このチャイルドシートは、幅も高さもあり、1.5人分近いスペースを使用します。 狭い車内でこのチャイルドシート

自動車屋ナビ(自動車販売業者の口コミ)について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。